お前変わってんな!

キチガイだけどマジメな女の備忘録

北朝鮮人の友達のスピーチ

「私の通っていた学校は、朝鮮の中でいちばんの学校なんです。」

 彼女は、流暢な中国語で話し始めた。

 

その子の名前はミニョン。私の唯一の、北朝鮮人の友達だ。

 

 

 少し垣間見えた北朝鮮の現実

 

f:id:chiikorox:20170715105839j:plain

 

もう何年も前、私は中国にいた。

国際理解の授業で、私たちはミニョンをぐるっと輪で囲んで、スピーチを聞いている。輪の中には日本人があと1人、韓国人も何人か、マレーシア人も、エジプト人も、イタリア人も居た。

 

「私の学校は、入るのはとても苦労しましたが、入って、本当に良かったと思います。きれいな校舎もありますし、将軍様の言葉が刻まれた石碑の横で勉強できます。学園祭みたいなものも時々あって、アリランの踊りを踊ったりします。」

 

 ある程度話し終えると、ミニョンはカバンの中から分厚いノートパソコンを出して、彼女の学校の写真を私たちに見せてくれた。その写真は全て作り物のように整っていたし、ミニョンが写っているものなんて一枚もなかった。

朝日に輝く校舎の写真、金正日が言ったという言葉の石碑、上が白で、下が黒のチマチョゴリを着た美しい女性の写真。彼女の学校の制服だという。そして、アリランの踊りを踊る人たち。すべて国が指定した写真だと、その場にいる誰もが気付いた。

 

それを、誇らしそうに見せるミニョン。目をキラキラさせながら、彼女はさらに衝撃的なことを教えてくれた。

 

「私の学校では給食があります。給食は、他の学校にはありません!なので、とっても名誉なことなんです。内容は、飲みものと、四角くてふわふわな少し大きめのパン一つです。とっても美味しいです!でもその給食を、家にいる弟や妹に食べさせてあげたいと、食べずに持ち帰る人も居ます。そんな友達のことを、私たちはとても尊敬して居ます。」

 

北朝鮮では食べ物が少なくて、給食に出て来るようなフワフワなパンは家では食べられない。兄弟が多い家や、家族思いの子は、自分がどんなにお腹が空いていても、家に持ち帰るらしいのだ。

 

他の学校に給食がないということは、ミニョンはその学校に入る前、給食もない状態で勉強してたのだろうか。

 

お腹を空かせた状態で勉強しても、国で一番の学校に入れる程の成績を出せる人だけが食べられるたった一つのパン。そのパンが、その経験が、ミニョンにとってはとても素晴らしく、どんなに嬉しいことだったか。彼女の透き通った目からわかった。

 

私はただただ、驚いていたことを覚えている。彼女と自分の育った環境の違いに、ただ唖然とするばかりだった。

 

 

育った環境が違っても、優しい気持ちは同じ

 

f:id:chiikorox:20170715104755j:image

 

 

私は、ある日の授業で、遅刻してしまった。その日までに提出しなきゃいけなかった作文がどうしても終わらないまま寝てしまって、朝起きてから仕上げたからだ。

 

教室に入ると、食堂に朝ごはんを買いに行っていたみんなが続々と帰って来た。私が通っていた学校では、1時間目が終わると、クラスみんなで食堂に出かけてご飯を買うのが日課だった。ミニョンが持っていたのは、袋にたくさん入ったミニ肉まん。留学生の間で人気の朝ごはんだった。

 

私は思わず、「美味しそうだね」と、口にした。ミニョンは「あら、来てたの。おはよう!」と言いながら、当然のように私の隣に座り、「あなたの分もあるわよ!一緒に食べよう」と、ビニール袋を私の方に向けて、開いた。

ミニョンは、2時間目から私が来るのを知らなかっただろうから、私の分も買って来ているハズはない。それでも、私が朝ごはんを持っていない様子を見て、当然のことのように分けてくれた。スマートで、美しすぎる優しさだった。

 

 

あんな国、でも、そこは誰かの祖国

 

ミニョンは、家族全員で中国に来て居た。彼女のような外国にいる出稼ぎの北朝鮮の人は多くの国にいて、合わせて1000億円(年)を北朝鮮に送っているらしい。それはもしかしたら、ミサイルの開発に使われているのではないかと言われている。

 

ミニョンが、北朝鮮のことをどう思ってるかは、本当に本当のことは彼女にしかわからない。私達が聞いた授業でさえ、どこまでが本当だったのか...と思い出せばキリがない。私たちは、そういうイメージを持ってしまっているから..

 

でも、どんなに分からない国であっても、そこが友達の大事な祖国だという視点を、ミニョンが与えてくれた。

 

その視点があるだけで、遠いはずの北朝鮮は、グッと近くなる。

 

私が日本を大事と思うように、同じ気持ちを、あの国の人も持っている。

 

酷いことをたくさんしている国だと思う。拉致問題なんてとんでもない話過ぎる。ミサイルのニュースを見ていると、つい、強い気持ちが湧いて来て、あんな国無くなってしまえばと思いそうになる。

 

テレビで、将軍様は素晴らしいと泣きながら叫ぶ人たちを見ているとドキドキしてしまう。ミニョンが映ってないか、無自覚に探している。姿を見たい気もするし、一方、映っていたらどうしようといったように、気持ちが混ざり合ってザワザワする。

 

でも、その時にミニョンの笑顔が、一緒に食べた肉まんの味が、必ず浮かぶ。本当に美しい笑顔ができる人。

そして、どうか、ミニョン達が無事で幸せで居てくれないかと祈りみたいな気持ちが湧く。

 

この先の人生、ミニョンに会うことは難しいと思う。けれど、どんなに酷い国だと思っても、どんなにその現実に目を疑っても、どんなに文化や育ちの差を感じようとも、

 祈りの気持ちは消えない。

 

f:id:chiikorox:20170715104010j:image